漫画で通訳養成トレーニング

月々980円~英語脳を手に入れる

絵を見て英語を話す練習

絵を見て英語を話す練習

単語も文法も知っているのに話せない

多くの日本人に共通の悩みは、受験で習った英語が役にたっていない、ということ。ある程度の単語や文法を知っているのに、いざ英会話の場面で「音だけ」でやり取りすることが出来ないのは、やはり音の経験が十分ではないからです。

聞き流すだけでは話せない

リッスン&リピートでは話せるようになりません。その理由は、ただ真似をしているだけ、だから。誰かの英語をまねるだけでは無くて、自分から話す練習をしなければ話せるようにはなりません。

何かを話してみよう、と思っても

題材が無ければ何を話して良いかわかりません。誰かに日本語で命題を出してもらう練習法は、ただ訳しているだけです。普段から、自分でセリフを考える練習をしないと、会話を楽しむことはできません。

絵を見て英語を話す練習

日本語を英語に訳す練習ばかりしていると、いざ英語を話す時に「訳さないと話せない」という習慣が残ってしまいますが、絵を見て話す練習をすれば、訳さずに場面の中で音を出すことが出来るようになるので、英会話でもネイティブのように、キャッチボールの会話を楽しめるようになります。

絵を見て英語を話す練習をしましょう

タイマーの時間が足りない時には一時停止をしたり、一度で聞き取れない時には、プレイバックをして、カタコトから始めて、徐々に時間内にさらっと答えられるように練習しましょう。

この続きはクリック⇒ 「A Trip to the City」絵を見て英語を話す練習完成版

こちらもクリック⇒ 第6話「Fate or Chance?」絵を見て英語を話す練習

mangaeigo

コメントは受け付けていません。