「映画が好きでずいぶん見ているけれど、ちっとも聞き取れるようにならない」

悩んでいる人がほとんどです。その理由は、映画で英語を学ぶ時、ほとんどの人が

「字幕を出して」「誰かの訳に頼って」学ぶから

それでは、いつまでたっても、自分の耳で聞き取れるようになりません。

私たちは中学高校の受験英語で、約6,000語の単語を受験のために暗記した経験があります。一方で日常会話レベルの英語はネイティブスピーカー同士でも、約3,000語程度で成り立っている、というのはよく知られた話です。

知識は十分

では、どうしたら良いか、というと、英語の音を聞きながら、字幕を同時に出すことをやめて、普段の英語学習の時から、場面の中で、声の調子などから想像して、意味を「自分で」考えるようにすることです。そうしないと、いつまでたっても「自分の耳で」英語を聞き取れるようになりません。

YouTube動画でご案内しています

実際に試してみましょう。下記のそれぞれのページをクリックして映画のセリフを聞き取ってみましょう。