英語ネイティブのように英語を自然に聞き取り話すことができたら・・・。

そのためには、英語を音で聞き取って音で発信できる『英語脳』が欠かせません。

普段の英語学習が「英文テキストを読みながら」「誰かが訳した日本語の訳に頼って」学習を続けているうちは、いつまでたっても「自分の耳」で英語を聞き取れるようにならないし、英語を話せるようになるなんて、夢のまた夢になってしまいます。
英語圏(アメリカやイギリスなど)に移り住んでしまえば、現地語である英語は日々使うことになるので、最初は苦労したとしても徐々に身についていくでしょう。しかしながら日本で普通に生活をしながら使える英語を身に着けるのは簡単ではありません。
ところが世の中には「国産バイリンガル」と呼ばれる人たちがいます。使える英語を日本国内で普通に生活しながら身に着けた人たちです。彼からが必ず行っている学習法があります。

それはシャドーイングとディクテーションです。

しかし注意しなければいけないことがあります。それは、シャドーイングやディクテーションを「英文テキストを読みながら」「誰かが訳した日本語の訳に頼って」学習を続けているうちは「自分の耳」で英語を聞き取れるようにならないし、英語を話せるようになるなんて夢のままだ、ということ。
では、どうしたら良いか、と言うと、できるだけ「英文テキスト」や「誰かが訳した日本語の訳」に頼らないようにして「音だけで何とかしよう」として学習を重ねていくと、慣れないうちはちょっとしんどいのですが、後がどんどん楽にスムーズになっていきます。とは言え、本当に音だけ、というのは、大人のやり直し英語には無理があります。

漫画ストーリーを通して、ビジュアルで情報を得ながら英語の音を聞きます。

これは、初級者だから甘くしましょう、ということではなく、むしろ、会話の場合、必ず場面がありますので「音だけ」というほうがむしろ不自然と言えるでしょう。
私たちは会話の中で無意識にビジュアルを通して得た情報を活用しながら相手の話を理解しているのですから、普段の英語学習から、音と場面が連動する脳の働きを積極的に育てましょう。

大人のやり直し英語の一番の敵、それは「いつでもできる」

マンガENGLISHは毎週1セットずつ、シャドーイングとディクテーションのプログラムをアップロードしています。プログラムは約2週間で入れ替わりますので期限を決めることで「いつでもできる」という甘えを排除することができますので、必ずやり遂げることができます。
  • 1回あたり3分でお取組みいただける学習メニュー
  • 2種類(シャドーイングとディクテーション)毎週アップロード
  • およそ2週間の学習期限で次々と入れ替わるから飽きずに続けられる

まもなく期限切れになるプログラムがありますのでお早めに。

1日99円で英語脳を手に入れる

月々2,980円のみ。入会金などはかかりません。

1日あたり約99円~コンビニのコーヒー1杯分で英語の達人になる新習慣を始めましょう

  • 最初に会員登録をお願いします
  • 下記の「今すぐ購読する」からお申し込みください